設計品例

ダンボールトレー枠に気泡シートで緩衝・帯電防止効果を持たせた設計。

5kg程度の電源基板の包装で、顧客落下条件等を満たしたダンボール緩衝設計。

発泡成型品の緩衝材を、ダンボールにて設計し顧客試験条件をクリア。

木製で作製する予定だった棚を強化ダンボールにて設計し移動を容易にした。

強化ダンボールを使用したPOP用のフレーム枠。サイズはW1500XH2250です。

20kgの製品を輸出する為の梱包設計で、強化ダンボールと合板の複合品です。

片側にキャスターを付けることにより、持運びを容易にしたプラダン設計。

大型の樹脂成型品を入れるプラダン通箱。中には製品を傷めない為に緩衝材を貼付け。

基板を収納する為の仕切枠。導電性プラダンと持続性帯電の樹脂成型品を使用した設計。

金型を使用し作製した大型の通い緩衝材トレー。サイズが大きい為、部分成型し特殊加工により一体品。

小サイズの電子部品を収納する為の緩衝設計。帯電防止PE材料を抜き加工と熱貼りにて完成品に。

小ロットの為、成型品には出来なかった緩衝設計を、ダンボールとPE材料の抜き加工品のはめ込みで対応。

このページの先頭へ