落下試験

JIS規格に規定されている試験方法、及びお客様指定の条件で試験を実施致します。

落下できる高さは30cm~150cmまでになります。
(30cm未満の落下高さにつきましてはお問合せ下さい)

また、G値を計測できるショックドクターを取り付けることによってG値の計測も可能です。お客様の要望により使用して計測致します。

落下試験
G値を計測できるショックドクター
落下試験

圧縮試験

JISに規定されている試験方法、及びお客様指定の条件で試験を実施致します。

圧縮できる最大サイズは幅100㎝・奥行100㎝・高さ95㎝までになります。(最小高さは10㎝まで)計測結果は専用のソフトを用いてグラフ化できます。データはまとめてお客様に提出可能です。

また、ダンボールの含水率もしくは水分含有率が必要の場合、電子式水分計を用いて計測することも可能です。

圧縮試験
圧縮試験
圧縮試験

材質検査

材質不明の材料を検査することも可能です。表ライナー、中芯、裏ライナーに剥離します。
剥離後、熱循環式低温乾燥機の中に入れ、熱風でシートを乾燥させ、電子天秤にて重さを計測し、ダンボールの材質計算を行い検査します。

電子天秤
熱循環式低温乾燥機の中
熱循環式低温乾燥機

その他の検査

その他、振動試験・吸水試験等、特殊な試験につきましては、営業までお問合せをお願い致します。